プロフィール

carat

Author:carat
株式会社Carat
名古屋市名東区のおしゃれな癒し理容室「comfortable&髪工房carat」と美容サロン「FunnySunny room南風」を切り盛りしています。

FC2カウンター

リンク

カテゴリ

最新記事

最新コメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

フリーエリア

ブログランキング

フリーエリア

フリーエリア

ブログ王

フリーエリア

シェービング(お顔そり)とは・・by 懐かしい画像から

皆様御存じの通り、Caratはカテゴリーとしては、美容室ではなく、理容室になります。
一応私、ヒデマサは理美容両ライセンスを保持していますが、どうしても施術メニューに入れたいサービスがあって、創業時に理容室として届け出をしました。
理美容業には、更生労働省が定める理容師法、美容師法という法律があって、開業に際しては、基本的には「理容」か「美容」どちらかを選択して保健所に届け出をして、行政の許可の認可を受けないといけないのです。
男性が美容室に行ったり、女性も理容室に行ったりする時代なのに本当に古い考え方なんですよね(困)。
shavingsyoukai11.jpg
その、僕がどうしても、お客様に提供したかったサービスというのが、このシェービング(お顔そり)。
この技術は理容師の資格を持った者だけが施術することが出来る貴重なサービスで、
美容師がやりたくても出来ない、とても貴重な技術なのです。
パーマやカラーリングや流行のカットはトレーニングさえすれば理美容師どちらも施術可能なのですが、シェービング(お顔そり)は法的に理容師だけに制限された大切な技術なのです。

近頃は「眉毛シェービング」などと言って美容師が眉毛の周りだけシェービングみたいなことをしているサロンや、内緒でシェービングらしき事を施術している美容サロンもあるらしいですが・・・。

shavingsyoukai2111.jpg
こんな風に、エステマシンまで導入して、熟練した技術を提供できるのは、
やはり理容室(理容師)だけなのです。
ヘアスタイリングだけじゃなくて、シェービングに付随してフェイシャルエステを施術したり
お客様のお肌の調子等に合わせてコスメを提案したり・・・。
理容室(理容師)って、首から上のスタイリングケア全てを、お世話できる本当に素敵な仕事だったりすると僕は考えています。

今回は、そんなCaratのシェービングのこだわりを、詳しく解説するページを作ってみました。
シェービング(お顔そり)の奥深さを御理解頂けると思います。
御興味がある方は、是非読んでみて下さい。

詳しくはこちら当店のホームページをご覧ください。
写真のテロップが外れた、
Caratのスタッフの若かりし頃の懐かしい画像もお楽しみ頂けます(笑)


スポンサーサイト

初めて行くヘアサロンでのオーダーの仕方(その2)

hajimete1.png
前回のコラムでは、引っ越しや、諸事情で、初めてのサロンに入店した際にカットなどのオーダーを出来るだけ今まで通りに正確に技術者に伝える方法をお伝えしましたが、
今回は、カラーリングやパーマなどの施術を受けたり、サロンを変えた事をきっかけにヘアスタイルを変えてみたい場合のオーダー方法をお伝えします。

・・・あくまでも、僕の個人的な考えですが、
希望のヘアスタイルを理想に近付ける事って、イメージの問題だと思います。
お客様の依頼通りに、レイヤーの角度とか、刈り上げの高さとか、グラデーションの強さとかといった技術的な事を重視してシゴトをしてしまうと、
「なんだかちょっとイメージが違う」なんて結果になってしまう事も多々あります。
スタイリングは技術スキルも大切なのですが、技術者とセンスが共通している事が一番大切なんだと思います。

しかし、技術的な事を中心に分かりやすく撮影したのが
heamagajin.jpg
ヘアマガジンだったり、ネットのヘアスタイル写真だったりします。
これはこれで、スタイリストに形や技術的な事は伝わりやすくて良いのですが、
僕たち技術者は、これを見ると、どうしても同じようにカットをしてしまいたくなります(同じように出来てしまうので)。
しかし、頭の形や、髪の生え方やクセなどは人それぞれなんですよね。
しかし
「あくまでも、こういう感じになりたいと思うお客様」≠「言われた通り写真と同じように切る技術者」
・・・結果、似会わない。
という悲劇が生まれてしまいます。
スタイリングブックは、分かりやすいというメリットはあるのですが、あまりにも作りこまれ過ぎている写真が多いという欠点があります。
十分に信頼を置ける技術者であれば、的確なアドバイス(似合うかどうか)をもらう事も出来ますが、初めて行くサロンでは、これは危険です。
出来れば、2~3度程度は、今まで通りのヘアスタイルをオーダーして、スタイリストのセンスを見極めた方が良いです。
ただし、初来店のお客様に対しても、ヘアスタイルの提案を積極的にしてくれるスタイリストに当たった場合や、会話の内容から自分と考え方やセンスが近いと思った場合は、ヘアスタイルチェンジもアリかと思います。

その場合は、ヘアマガジンの写真以外に
zassi.jpg
こういった一般の雑誌の中のモデルさんや、素人の写っている写真の方が使えます。
何故ならここに映っているのは切りたての写真じゃないからです。
ヘアスタイルにスポットを当てて撮影していない写真が多いので、どんなカットをしてあるかはわかりにくいですが、「その人に会った切り方で、イメージに合うように技術者はカットをしてくれます」
また、ヘアスタイルは、切りたてのスタイルよりも、1~2週間たって馴染んだ頃のスタイルの方が重要です。
皆様が普段、日常を過ごす中でも、切りたてよりも、馴染んだ頃のヘアスタイルと付き合う時間の方が多いはずです。
その馴染んだ頃のヘアスタイルがかっこいいのが一番大切だと思うからです。
ネットで拾った芸能人やモデル、その他ヘアスタイルモデル以外の写真が一番です。
※もちろん信頼がおけるスタイリストであればヘアマガジンの写真でもOKです。


ちなみに、ヘアスタイルのチェンジをお願いして良いスタイリストの条件は以下の通りと思います。
①職業や職場での立ち位置を理解して提案してくれるかどうか?
②年齢における要望(若く見えたいか、年齢相応のかっこよさをアピールしたいのか)を理解してくれる技術者かどうか?
③趣味などライフスタイルを理解して提案してくれる技術者かどうか?
④自分の来店サイクルを理解して施術してくれる技術者かどうか?
⑤パーマやカラーリングを無理強いしない技術者かどうか?
⑥店舗の内装や、BGM等、センスが自分と会う技術者かどうか?


また、初めて行くお店でパーマをお願いしたい場合

今まで行っていたサロンと同様であれば、その1でお伝えした通り、自分の写真を見せれば良いのですが、
できるだけはじめてチャレンジは避けた方が良いと思います。
「どうしても」と思う時は、
とにかくイメージ写真を見せて、
「この写真よりもゆるめで」が基本です。
パーマが緩い場合は、かけなおしができます。
しかしかかり過ぎは目も当てられません。
特に、カラーリング(毛染め)をしている人の場合は、大体かかり過ぎます。

僕の場合は、初めてのお客様にパーマを依頼された場合は、
「緩すぎたらいつでもかけなおしに来て下さい」とお伝えして、必ず緩めにかけます。


そして始めていくサロンでのカラーリング

今までに、カラーリングをしていた方であれば、既染毛(染まっている部分)の色味を見て薬剤のチョイスできますが、
・・・・初めてカラーリングをしたい場合。
初めてのカラーリングの場合、
白髪の黒染めじゃなくて、髪を明るくしたい場合は、
仕事上の問題が無い範囲で、少し明るめに染めるのが基本です。
「えっ、暗めじゃないの?」と思われますよね?

実は、万が一染め直しをする場合、
一般的な染毛剤(アルカリカラー)の場合、
明るく染めてしまった場合は暗くできます。
しかし、
暗く染めてしまった髪は明るくは出来ないのです。


今回の、コラムをまとめてみますと
①初めて行くサロンでヘアスタイルを変えてみたい場合、技術者から提案がない限り、出来れば2~3回程度通ってみてからにする。
②イメージを伝える場合、ヘアスタイルマガジンよりも、一般の雑誌の方が良いかも。
③初めてのサロンでのパーマは少し緩めに。
④逆にカラーリングは、少し明るめにオーダーする。

ちなみに僕の場合は、新規のお客様で、冒険心のありそうなお客様には、似会うと思うスタイリングが思いついたら、どんどん提案をするようにしています。
ただし、会話の内容から、御職業、年齢や趣味等をしっかりと把握させて頂いた上ですけどね。

初めて行くヘアサロンでのオーダーの仕方(その1)

理容室、美容室どちらにしても、きっと皆様は、お気に入りの行きつけのお店をお持ちの方も多いと思いますが、
何らかの理由で、初めてのサロンに行かなくてはいけない状況もある事と思います。
・・・例えば
いつものお店が、予約いっぱいで入れなかったとか、
行きつけのお店が閉店してしまったとか、
お気に入りのスタッフが辞めてしまったとか、
転勤や引っ越しで、行きつけのお店に通えなくなってしまったとか。
・・・時には
たまには違う店でリフレッシュしてみたかったとか、
行きつけの店で嫌な思いをした。
なんて理由で新しいサロンを訪れることもあるかと思います。


そんな時、ドキドキしてしまいますよね?
「スタッフはどんな人なのか?」とか、
「お店の中はどんな感じなのか?」とか、
「料金はどんな感じなのか?」なんて感じに。

そんな皆様のドキドキの一つ、
今回は
初めて利用するヘアサロンでのヘアスタイルのオーダーの仕方を
スタイリストサイドからの立場で思う事をお伝えしたいと思います。
これを読んで頂ければ、理美容サロンでオーダーする際に、
今までよりも自分の思いが上手く伝わるようになるかと思います。

実は、この、新規のお客様とのオーダーのやりとりって、私たちスタイリストの立場からも、いつも一番難しいと思う局面なのです。
例えば
「横と後ろはツーブロックで刈り上げ、立たせる感じで全体的に5センチくらい」なんてオーダーの場合

hea1.jpg
hea21.jpg
hea3.jpg
これらのどのスタイルもオーダーには一致しますが、刈り上げの様子や、ツーブロックの感じ、毛量、レイヤーの入り具合等、仕上がりは全然違ってきます。
ヘアスタイルのオーダーって言葉で伝えるのって本当に難しいんです。


じゃ、どうすればいいのか?
やはり、言葉ではなく視覚での伝達が一番です。
しかし、
その視覚を利用してのオーダーについても、大きく分けて二つのパターンに分かれます。
その2パターンとは
①今までのサロンでオーダーしていた通りのヘアスタイルを再現してほしい場合。
②サロンを変えた機会に、何か新しいヘアスタイルに変えてみたい(提案してほしい)場合。

まず①の場合は簡単です。一番良いのは
この場合は、行きつけのサロンの閉店や、担当スタッフの離職か、御自身の引っ越しが理由の場合が多いと思いますので、前のヘアサロンでの施術から3週間以内に新しいヘアサロンに行く事をお勧めします。
ちょっとお金が勿体ないと思ってしまいますが、3週間以内の施術であればそんなにヘアスタイルが崩れていないので、プロであればかなり正確に再現が可能です。
Caratでも、転勤で最後の施術になってしまうお客様には、そのようにお伝えしています。

残念ながら1か月以上経過してしまった場合は、
運転免許証の写真です。真正面の写真しかありませんが、プロなら大体の感じはつかめます。運転免許証の更新の際には、多くの方が直前にヘアサロンに行っていることが多いと思うので。
免許証は、個人を識別するための証明写真なので、スマホのスナップ写真よりも、一番伝わりやすいです。
これを元に、必要事項を付けたしてオーダーをするのが一番と思います。


その必要事項ですが、
自分の話せる範囲で以下の7つの事項を伝えるのが一番スタイリストに伝わりやすいです。
免許証を見せるのが嫌な人は、普段のスナップ写真等に付け足しても結構だと思います。
①ヘアサロンを利用する頻度
②スタイリングは実用重視派(とにかく短くしてヘアスタイルが持つ事を重視)か、パフォーマンス重視派(かっこ良いスタイルを重視)か?
③くせ毛や剛毛等の髪質や薄毛等の悩みはないか?
④御職業(固い仕事か、ある程度ヘアスタイルの自由が聞く仕事)か?
⑤スタイリング剤は普段使用するか、しないか?使用する場合は何を使用するか?
⑥ドライヤーを使用してヘアセットはする方か?もしくは洗いざらしで済ます方か?
⑦前のサロン(担当者)で気を付けてもらっていた事。

僕の場合は、新規のお客様にはいつも、大体これらの事をお尋ねするようにしていますが、これくらいの要望を言って見たら、嫌な顔をするサロン(技術者)だったりする場合は、そのサロン(技術者)は、あまりお勧めできません。

今回は
新しいヘアサロンに行く事になった時に、今までのサロンでやってもらっていた
ヘアスタイルのオーダーの仕方をお伝えしましたが、
次回は
新しいヘアサロンに変えたきっかけに、何か新しいヘアスタイルに変えてみたい(提案してほしい)場合のオーダーの仕方をお伝えします。
どうぞお楽しみに!!

ヘアチェンジが出来る面白アプリ!!

アイフォンやアイパッドを利用しているアップルユーザーの皆様、
実はとても便利で面白いアプリがあるのを御存じですか?
カメラ機能を使用したり、保存している写真を利用して、自分のヘアスタイルを変えた場合の
イメージを簡単にシミュレーションが出来るアプリなのです。
マンダムというコスメメーカーが出しているアプリなのですが、
飲み会などでもとても使えるアプリだったりします。

moto12.jpg
例えば・・・この写真。
姉妹店の南風のマツバラ店長を例にやってみます・・・勝手に使って怒られる可能性大ですが(苦笑)

moto211.jpg
ちょっと無理がありますが、お姫様風(笑)

moto311.jpg
ボススタイルの女子大生風だったり(爆笑)

moto411.jpg
女子会風のアップスタイルだったり・・・。

moto511.jpg
アクティブなショートヘア風・・・。

moto611.jpg
夏のお嬢様、ボブ編・・・。

・・・ちょっとここからはふざけて見ると(飲み会ネタ)
moto711.jpg
女子高生アイドル風(大爆笑)

moto811.jpg
男の子のヘアスタイルを乗っけてみたり(微笑)

moto911.jpg
昭和の女学生(悶絶)

moto1011.jpg
大分ふざけてみました・・サタデーナイトフィーバーに変身(大抱腹)

moto1111.jpg
最大限にふざけてみて・・・極めつけは、江戸時代(失神)

ちょっとふざけた内容になってしまいましたが、
本来はちゃんとヘアアレンジをシミュレーションするアプリです。
無料でダウンロードが可能なので、よろしければ使ってみてください。

ダウンロードはこちら(アップルONLYです)

otokonokamikore.jpg
男性版は 「男の髪コレ」

kamikore.jpg
女性版は 「髪コレ」

ジュニアも頑張るのだ!!

cutlesson11.jpg
Carat本店では、開店前の朝にみんなそれぞれの練習をすることにしています。そんな練習中のヒトコマ。
これは「あさイチ」に付、ノーメイクでの顔の撮影を微妙に隠す妙技を持つアミの図(笑)。
ウィッグを使用してカットの練習中。
今年一年目のアミも、既にハサミを持って練習をしています。

shavelesson11.jpg
そして、彼女は現在Caratで研修中のミユキ。
近いうちに、相応のスキルを身に付けて、知り合いのサロンでデビューをする予定です。
まだ15歳ながらとても頑張り屋さんです。
彼女もマネキンを使用してシェービングの練習中。
この人も、「あさイチ」のノーメイクを隠す妙技を身に付けました(笑)

共に今年1年生の若者たちですが、ぐんぐん育って、いつか立派なスタイリストに育ってほしいと思います。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ