プロフィール

carat

Author:carat
株式会社Carat
名古屋市名東区のおしゃれな癒し理容室「comfortable&髪工房carat」と美容サロン「FunnySunny room南風」を切り盛りしています。

FC2カウンター

リンク

カテゴリ

最新記事

最新コメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

フリーエリア

ブログランキング

フリーエリア

フリーエリア

ブログ王

フリーエリア

若いスタッフ

只今深夜0時。
いつもこんな時間まで営業後の仕事をしています。

数日前から友人のお店で若いスタッフが辞めるの辞めないので問題が没発していて、その話で今日も盛り上がっています。
そんな時、一般企業では「企業が困るか困らないか?」の議論に終始するのでしょうが、
僕達の様に「修行にきた若者」を迎え入れる業種の場合はちょっと違います。
僕達経営者は「その人の今後」に熱い議論が巻き起こります。

やはり「師匠」と「弟子」なんですねぇ。
素質も有り、心がまだまっすぐな面がある人については、僕達は一生懸命に説得します。
「もうちょっとがんばれ」とか「どうしたらもっとがんばれるか?」とか・・・。

逆に残念ながら、心が伝わらないとか、業種に向いていない、この仕事が好きではないヒトだと判断した場合は
「すんなり辞めていってもらいます」
・・・波風が立たないように・・・。
だって、ある意味その人のためだから・・。

何だかんだある意味職人の世界。
厳しい世界なんです。
正直シビアです。
caratでも何人かはそうやって去って行って頂きました。
そこに器用不器用は関係ありません・・・ハートの問題です。


「注意されなくなったら終わり」
「目上の人の意見に耳を貸さなくなったら終わり」
・・・そんな当たり前の事が理解できなくなってしまって、
一生ふがいない職人で終わってしまう人を何人も見ています。

自分の腕一本で家族、子供を養っていく・・・・
古い考えかもしれませんが、それが僕達「職人」といわれる人種の基本だと思っています。


それが出来ないヒトはいくつも店を変わっています。
どの店でも引き止められることなく悲しく去りゆく経験をしています。
・・・でもそれを認めません。
・・・常に自分では無く相手に原因があると主張します。
・・・自分に賛同しない人とは距離を置きます。
・・・それが本当に気の毒です。



前出の青年は、僕達の話に耳を傾け、今、必死に岐路を考えています。
まだまだ若いので純粋です。
考えはまだまだ若輩ですが、
今ならまだ、僕達は見捨てていません。
何故ならば君だから
がんばれ!!

caratの公式ホームページはこちら
http://www.k4.dion.ne.jp/~carat/

スポンサーサイト

<< ルーキーはるか18歳!!とうとうデビューです。 | ホーム | 5月はアルガンオイル >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム