プロフィール

carat

Author:carat
株式会社Carat
名古屋市名東区のおしゃれな癒し理容室「comfortable&髪工房carat」と美容サロン「FunnySunny room南風」をプロデュース。
ボスは南国がとても好きです。

FC2カウンター

リンク

カテゴリ

最新記事

最新コメント

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

フリーエリア

フリーエリア

ブログランキング

フリーエリア

フリーエリア

ブログ王

フリーエリア

これが理美容師のハサミだ!!

hasami11.jpg
ずらっと並べてみたのは、私、ボスヒデのお仕事で使用するハサミ。
実に色々な形の物があるでしょ?
よく「そのハサミって高いんでしょ?」なんてお客様に聞かれますが、意外とピンキリなんです。
凝ったモノであれば当然二ケタ万円してしまいますが、安いモノであれば形状問わず一万円位で購入する事が出来ます。

今回は僕達が仕事で使用しているこのハサミについてお伝えしようかと思います
まず僕達が最も品質にこだわるのが、この「理容ばさみ」僕達理美容師は「刈りこみバサミ」とも言います。
hasami21.jpg
これはよく、年配の町の床屋さんがパッツンパッツンと使っている大きめのハサミです。

・・・こんな風に
mente31.jpg
本来はその名の通り「刈り上げ」をする時をメインに使用するハサミなんですが、昔の床屋さんはこれで全部まかなっていました。
堅い日本人の髪を素早く刈り込んで行くために日本の刈り込みハサミは非常に品質か良く、世界でもとても評価が高いと聞きます。

その次に御紹介するのは、御存じ「セニングシザー」別名「スキバサミ」ともいいます。
hasami31.jpg
DIYカットをする素人の人も大好きな「スキバサミ」の登場です。
もちろん名前の通り、「毛量を調整する時」に使用します。

このスキバサミ、
実はものすごく進化しているんです。
hasami42.jpg
上が現在流行中のモノ。
下が一般的なモノ・・・違い、分かりますか?

hasami51.jpg
写りが悪くて分かりにくいのですが、最新のものは、魚の体形のように真ん中が太く端が細くなっています。
その上、ギザギザの部分が従来のモノはまっすぐなのに対して現在のモノはアール状に曲がっています。

これによって、スキすぎてケアスタイルがペラペラになってしまったり、スキムラが出来てしまったりが殆どなくなります。

・・・ただ困った事に、こういった高品質なスキバサミの出現で、手抜きカットのごまかしが容易になったり、ベースカットがちゃんと切れないようなスタイリストでも、自然な仕上げということで何とかスタイリングが出来てしまったりするので、若い人を中心に、中途半端なスタイリストが増えてしまっているという困った現状もあります。

そして次、
hasami61.jpg
「カットシザーズ」別名「ミニシザーズ」「ミニバサミ」と言います。
一番使用頻度の多いハサミです。刈り上げ以外のほとんどをこれを使用します。

hasami71.jpg
一番小さなはさみです。前髪を切ったり、上の写真のようにチョップカットをしたり、スライドカットといって、ハサミを滑らすようにして髪の表情を作ったりもこれでします。
ハサミが小さいので繊細なデザインを表現する事が出来ます。

これらのプロ用のハサミって意外に色々なメーカーがありますが、
意外と僕達の地元に近い岐阜県の関市も刃物の町という事で、理美容のハサミのメーカーがいくつも存在します。
ぼくもそんな関市のハサミメーカーのシザーをメインに愛用しています。
お値段はやはり二ケタ万円してしまいますが、圧倒的な品質はやはりmade jn Japan・・いや、メイド・イン・関です。
・・・しかしミニシザーズだけは今も昔も変わらずヘンケルを使用しています。
正直、理美容シザーとしての品質は残念ながら「イマイチ」なんですが、昔から憧れ(僕達おっさん世代の憧れのブランドでした)。
お値段も常にバーゲンしている状態で、今ではぱっとしない感が否めないんですけどね(笑)。

・・・でもやっぱり
b0203330_1424921.jpg
僕にとってこのマークは眩しすぎます(笑)。

caratの公式ホームページはこちら
http://carat.nagoya/
スポンサーサイト

<< はるか18歳 動画でごあいさつ!! | ホーム | 春なので、改めて自己紹介です。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム