プロフィール

carat

Author:carat
株式会社Carat
名古屋市名東区のおしゃれな癒し理容室「comfortable&髪工房carat」と美容サロン「FunnySunny room南風」を切り盛りしています。

FC2カウンター

リンク

カテゴリ

最新記事

最新コメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

フリーエリア

ブログランキング

フリーエリア

フリーエリア

ブログ王

フリーエリア

御存じ?ヘアカラーとヘア・マニキュアの違い

haircolorimage1.jpg
ちょっと髪色を変えておしゃれに変身してみたい時や気になる白髪を染めてみたい時など、皆様、髪のカラーリングをしたりしますよね。
そんなカラーリングなんですが、よく「ヘアカラー」と「ヘア・マニキュア」なんて言葉を聞きますよね。
実はこの二つ、「髪を染める」という目的は同じでも、性質は全然違う物なんです。
どちらも同じなんて思ってる方多いんじゃないでしょうか?
今回は、そんな「ヘアカラー」と「ヘア・マニキュア」の違いを分かりやすく解説したいと思います。

haircolor.jpg
まずはヘアカラー。
当社では主にWELLAのコレストンという薬剤を使用していますが、どのメーカーも同じで、
このタイプは別名をアルカリカラーと呼びます。

このタイプのカラーの大きな特徴は・・・
arukaricolortokutyou.jpg
髪を染める前に、このように2種類の薬剤を配合する必要がある事。
そして、若干「ツーン」とする刺激臭がある事(市販品の場合は香料でわからない場合もありますが)。
上の画像は、2種の薬剤(1剤、2剤といいます)を混ぜる前の様子ですが、どちらの器でもクリーム色と白色の薬剤が入っています。

実はこの白い方の薬剤。その正体は・・・
kasannka.jpg
主に過酸化水素水が入っています。
こちらが2剤なんですが、法律で過酸化水素の使用上限は6%と決められています。
・・・何故なら、カラダに良くないからです。

haircolortohu1.jpg
その2剤を、染料が入った1剤と混ぜ合わせてこうやって塗布していきます。

tohugazou.jpg
カタチの上ではこうやって髪の表面に薬剤を塗布しているだけなのですが、このヘアカラーの特徴としては、塗布後に時間を経過させるとアルカリ性の化学変化の作用によって髪の中まで浸透していく事によってしっかりと髪を染め上げることが出来ます。
本当にしっかりと思い通りの色に染める事が可能なのが
このヘアカラー(アルカリカラー)の特徴です。
・・・ただ残念ながら弱点もあります。
それは
・・・髪へのダメージが少なくないという事です。

hairmanicure.jpg
次にこちらは「ヘア・マニキュア」
当社ではホーユーのグラマージュという商品を主に使用していますが、このタイプもどのメーカーでも同じで別名を酸性カラーと呼びます。

こちらのタイプのカラーの特徴としてはアルカリカラーのように2種類の薬剤を配合しないという事。
ジェル状の液体1種のみを使用して・・・
manikyuatohu.jpg
こんな感じにベタベタと塗布していきます。
こちらは化学反応を利用して染めていく訳ではなく、塗布したジェル状の染料を髪にコーティングしていくので、髪へのダメージがほとんど無いというのがマニキュアの利点です。
むしろダメージ毛などに塗布した場合は髪ツヤが復活する場合もある位です。

colorormanikyua1.gif
「じゃあ、ヘア・マニキュアの方のがいいじゃん!!」
ってハナシになっちゃうんですが、
・・・こちらにもあったんですよね、弱点が。
マニキュアの弱点はアルカリカラーに比べて染まりが弱いって事
そして経年劣化で少しずつ色が落ちてしまう事(昔よりだいぶよくなっていますけど)。

要するに大雑把に言うと
ヘアカラー・・染まり◎ ダメージ△
マニキュア・・染まり△ ダメージ◎

・・・ということ
染まりに重点を置くならヘアカラー
髪の傷みを少なくしたいならヘアマニキュア
という選択になるという事です。

・・・ちなみに
hena.jpg
両方の欠点を補うモノとして「ヘナカラー」という商品もあります。
天然素材の草木から抽出した染料で染めるという物です。
これが以外にどっちつかずでイマイチな感じで当社では今は扱っていませんが、オーガニック志向の方にはおすすめかもしれません。

スポンサーサイト

<< 夜の楽しみ‼ | ホーム | 特別なサービス‼ >>


 ホーム