プロフィール

carat

Author:carat
株式会社Carat
名古屋市名東区のおしゃれな癒し理容室「comfortable&髪工房carat」と美容サロン「FunnySunny room南風」を切り盛りしています。

FC2カウンター

リンク

カテゴリ

最新記事

最新コメント

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

フリーエリア

フリーエリア

ブログランキング

フリーエリア

フリーエリア

ブログ王

フリーエリア

理容師のお勉強

写真
僕のお店は夜遅くまで営業をしているため、閉店後の練習はしません。
一日仕事やって疲れた後の練習ってモチベーション上がらないでしょうし。
だから、営業中の暇な時を見つけてこうやって、若いスタッフたちは日々お勉強をしています。
・・・・もちろん僕も若いスタッフのつもりなんですけど!!

うちもみんなハサミを持つようになったので、彼女たちの練習相手はこの「マネキンちゃん」がしてくれんですけど。
新人の子が入ると最初からカットやパーマやカラーリングの練習をするわけではなく。
「シャンプー」や「シェービング(いわゆるお顔そり)」の勉強から入るワケ。

この「シャンプー」や「シェービング」の練習がクセモノで・・・・・。
・・・何故ならあの「マネキンちゃん」が練習相手としては役不足になってしまうから。

「マネキンちゃん」はとても内向性で一歩も二歩も控えめなため「気持ちがいい」とか「良くない」とか「痛い」とか言ってくれないのです。
とても寡黙なヤツなのです。
・・・・・例えシャンプーのお湯が熱湯だったとしても黙ってじっと耐えているだろうし
・・・・・シェービングしようにもひげも生えてこないし。

だから練習相手はもちろん人間。
人と人とのぶつかり合いです。
真剣勝負です(剛)。

・・・・特に「シェービング」は扱うものが刃物だけにある意味本当の真剣勝負になります。
「シェービング」=「かおそり」なわけで「かおそり」=「ひげそり」ということになります。

困ったことにお店に男性スタッフは僕しかいないという事実があります。
ひげを所有している人間は店内で唯一僕一人なのです。

だから、新人が入ると、
・・・僕はいつもとても困った立場に置かれてしまいます

教えながら練習台第一号という状況・・・・。
顔面を損傷するという場面はざんねんながら回避不可能ということになります。

今年は新人がいません。
平和な春が訪れようとしています。






スポンサーサイト

<< 祝 成人式 | ホーム |


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム